TOEICに必要な語彙力とは?単語の覚え方からおすすめ単語帳まで

TOEICに必要な単語力は?
TOEICの点数アップには欠かせない単語対策を紹介します。TOEICでは、どの程度の語彙力が求められているのでしょうか。単語の覚え方とあわせて、おすすめのTOEIC対策用の英単語帳も紹介します。TOEIC初心者の人から、ハイスコアを目指す人まで必見です。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top

    TOEICは単語力アップが重要!

     

    英語学習において、単語の暗記は避けて通れない必須事項といえます。単語を覚えるだけでは英語を話せるようにはなりませんが、英単語を覚えるだけで理解できる英語の幅が大きく広がります。もちろん英単語を多く覚えることで、TOEICの点数も向上します。

     

    今回は、TOEICのスコアアップを目指して、「必要な語彙力」と「現在のレベル別おすすめの単語帳」を紹介します。

     

    TOEICに必要な語彙力とは?

    TOEIC1回の問題には、2,500~3,000種類の単語が使われています。そのため、TOEICで点数をとるためには、最低3,000語を覚えなければなりません。しかし、実際には知っている単語のみが出題されるわけではないため、スコアを伸ばすためにはさらなる語彙力をつける必要があります。

     

    外資系に語学力が最低限認められる目安・英語使って仕事をスムーズに遂行できる目安であるTOEIC700点以上を目指す場合は、5,000文字~8,000語の語彙力が求められます。英語を武器に就職活動ができる目安・ネイティブと交渉が行える目安であるTOEIC800点以上を目指す場合は、5,500~10,000語が求められます。

    英語圏で仕事ができる目安・難しい交渉でもネイティブと互角にディスカッションできる目安のTOEIC900点以上を目指すのであれば、最低10,000語は必要といわれています。

     

    このように、TOEICで高得点を目指すためには、かなりの数の単語を覚えなければならないことがわかります。

     

    TOEICの単語はどうやって覚えたらいい?

    多数の英単語を覚えなければならないTOEICの試験ですが、やみくもに10,000語覚えたら良いというわけでもありません。

     

    頻出ジャンルに絞って単語を覚える

    TOEICにはビジネス・経済・コミュニケーションなど頻出するジャンルが存在します。反対に、宗教・政治・歴史・戦争・恋愛・雇用問題・暴力など出題されないジャンルもあります。そのため、まずはTOEICの練習問題や過去の問題を参考に、頻出するジャンルから単語を覚えていくのがおすすめです。

     

    レベルにあわせて頻出単語から覚える

    TOEICには出題される頻度の高い単語が存在します。そのため、目標の点数にあわせて、最低限覚えておくべき単語を優先的に覚えていくのがおすすめです。例えば、中学英語の単語は、TOEICを受けるにあたって最低限覚えておく必要があります。また、700点以上を目指す人は、下記のようなビジネスでも使える頻出単語が必要となります。

     

    <スコアアップのための頻出単語例>

    commission「手数料」

    expedite「促進する」

    attest「証明する」

    admire「感心する」

    overhaul「改善」

    intermittent「断続的な」

    resume「再開する」

    endeavor「試み」

    feasible「実行可能な」

    designate「指名する」



    音とイメージで覚える

    TOEICのテストでは、ライティング・リーディング・リスニングのいずれにも対応できなければ点数を取ることができません。そのため、単語の意味はもちろん、ネイティブの発音も確実に覚える必要があります。

     

    さまざまな意味を持つ英単語は多く、同じ日本語訳を持つ単語も多数存在しています。そのため、英単語を覚えるときは、無理に日本語訳を完全に暗記してしまうのではなく、それぞれの単語が持つイメージを掴み、単語が持つニュアンスを覚えるようにしましょう。GoogleやYahoo!など検索エンジンで単語を画像検索すれば、単語が持つイメージの参考となる画像が表示されます。

     

    ネイティブの発音を覚えるときは、リスニングCDやラジオ、映画などを参考にしましょう。何となく流し聞きをするのではなく、発音記号や英語独特のアクセントを確認しながら覚えていくことが重要です。そのため、単語帳とリスニングCDで音を学んで、ラジオや映画など生きた会話のなかで覚えた単語が聞こえるのか確認していきましょう。さらに、ただ単に頭のなかだけで覚えるよりも、実際に自分の口を動かしたほうが記憶に残りやすいことから、覚える単語を音読するのも効果的といえます。



    【レベル別】TOEIC対策におすすめの単語帳

    最後は、TOEICで点数アップを目指す人に向けて、おすすめの単語帳を紹介します。目指す点数によって覚えるべき単語と数が異なるため、自分のレベルにあった単語帳選びが重要です。

     

    【超初心者】 いきなりスコアアップ! TOEIC(R) テスト これから英単語 【超入門編】 目標500点!

    タイトルからも分かるように、初めてTOEICを受ける人・英語学習を始めたばかりの人におすすめの単語帳です。単に単語が並んでいるのではなく、漫画や例文を使って初心者でも覚えやすいように工夫されています。

     

    世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

    600点以上を目指す人におすすめの単語帳です。丸暗記にならないよう、解説が多く盛り込まれており実践でも自然に単語が出てくるよう工夫されています。TOEICでは、600点台と700点台の間に語彙数・レベルの壁があるため、この単語帳の単語はぜひ覚えておきましょう。

     

    TOEICテスト英単語 出るのはこれ!

    600点~800点を目指す人におすすめの単語帳です。TOEICに頻出する表現が数多く掲載されているため、この単語帳を網羅するだけで点数アップが期待できます。上級といえる700以上が目指す人でもやり込む価値があるでしょう。

     

    TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

    500点~900点と幅広いレベルの人が使える単語帳です。TOEICをかなり研究して作られており、特に頻出する単語がしっかりと掲載されているため、効率よく単語を覚えることができます。発音記号もしっかりと記載されているため、目と耳で単語を覚えるのに役立ちます。

     

    TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス

    「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」に掲載されていない頻出単語が掲載されている増強版の単語帳です。こちらも500点~900点と幅広いレベルの人が使うことができます。それぞれの単語に、TOEICでの使われ方や使用パートなどの有益情報が掲載されているため、点数アップには非常に効果的です。

     

    まとめ

     

    今回は、TOEICの英単語対策について紹介しました。TOEICでは英単語の意味や英語を知らなければ、問題の意味すら理解できません。しかし英単語は一朝一夕で覚えられるものではありません。そのため、1日で覚えてしまおうとせず、毎日50~100こを目安に目を通し、何度も反復して覚えていくようにしましょう。

    最新記事

    関連記事

    SNS

    英会話教室の評判

    エリアから英会話探す

    試験対策

    英語独学

    実用的な学習メモ

    Close Menu