【保存版】英語の住所・宛先の書き方|誰にでも分かりやすく徹底解説!

英語の住所の書き方
当記事では、「英語の住所の書き方」を紹介します。英語の住所は、日本語と各順番がことなり、注意点も多々存在します。住所を正しく記載しないと、大切な手紙や郵便物が宛先に届かない危険性があります。住所の他に、宛名や連絡先の書き方についても確認しましょう。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top

     

    英語で正しく住所が書けますか?

    英語に馴染みがない人でも、海外の通販サイトを利用した時や国際線の機内で入国カードを書く時など、英語表記で住所を書かなければならない状況は突然やってきます。しかし、英語では日本語と表記方法が異なるため、正しく手紙・荷物を受け取る・届けてもらうためには、正しい知識が必要です。

    今回は、英語で住所を書く方法を詳しく解説します。

    英語の住所表記の特徴


    英語で住所は、「狭い範囲から大きな範囲を順番に書いていく」特徴があります。日本語の住所は、大きな範囲から書いて、範囲を縮小させて記載していきます。そのため、「日本語の住所と逆に書いていく」ことを覚えましょう。

     

    例えば、日本の国会議事堂の住所は下記のように、丁目・番地・号から書き始め、町字→市区町村→都道府県→日本の順序で書きます。

    日本語:〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目7番地1号

    英語:1-7-1 Nagata-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 100−0014, Japan

    また、固有名詞の頭文字は「大文字」で統一してください。海外から日本に郵送する場合は、必ず「日本(Japan, JAPAN)」と表記しましょう。Japan以外の住所を海外の配達員が理解できなくても、日本に送ってほしいことは伝わります。

     

    都道府県・市区町村・町字の書き方


    英語の住所の書き方を、詳細に確認していきましょう。最初は、都道府県・市区町村・町字の書き方を紹介します。

    日本語では続けて記載する都道府県・市区町村・町字ですが、英語では「,(カンマ)」を使って区切って表記します。カンマは絶対に必要なわけではありませんが、英語の住所を書きなれていない人は感覚が掴みやすくなるため、まずは使用してみましょう。

    また、日本語に慣れない海外の人から見ると、日本語の住所は大変分かりにくいものです。相手に正しく住所を伝えるためにもカンマを活用するのがおすすめです。

    <都道府県・市区町村の表記方法>

    日本

    Japan

    記載不要

    記載不要

    -hu, -fu

    -ken

    (prefecture)

    -ku

    (ward)

    -shi

    (city)

    -chou

    -machi

    (town)

    -mura

    (village)

     

    県区市区町村は、英語表記も存在しますが、日本語の音をローマ字でそのまま書くこともできます。日本語を無理やり英語にすると、かえって海外の人を混乱させる可能性もあるため、表記法に迷ったらローマ字で記載しましょう。

     

    また、海外の住所の場合、日本語の住所にはない「道路や通りの名前」が含まれているため注意が必要です。道路・通りの名前の入力を求められたら、空白にするか番地などの入力欄として使いましょう。道路・通りの名前を間違えるだけで、全く違う住所となるため、正しく記載してください。

    <道路・通りの名前と略称>

    Avenue

    Ave.

    大通り, 街路

    Boulevard

    Blvd.

    大通り, 表通り

    Circle

    Cir.

    環状線, 円形広場

    Drive

    Dr.

    街道

    Highway

    Hwy.

    幹線道, 本道

    Lane

    Ln.

    路地, 細道

    Place

    Pl.

    広場, 広小路

    Road

    Rd.

    道, 街道

    Square

    Sq.

    広場, スクエア

    Street

    St.

    街, 通り

    Court

    Ct.

    路地, 小路



    丁目・番地・号の書き方


    英語の住所は、小さな範囲から順番に書いていくため、日本語の住所と書く順序を反対になります。しかし、丁目・番地・号に関しては、日本語の住所と同じ順番で表記します。

    また、一般的に府県・市区町村は英語の住所でも記載しますが、丁目・番地・号はーchouなどと記載しません。記載することで、海外の人に伝わりにくくなるため、書かない方が無難です。

    日本語:1丁目7番地1号, 1丁目-7-1, 1-7-1

    英語:1-7-1

     

    建物名の書き方


    マンションやアパートなどの建物名がある場合は、表記方法に注意が必要です。

    日本語の住所を英語で書くのは、海外から日本に手紙や荷物を郵送するケースでしょう。この場合、外来語のマンション名・アパート名をそのまま外来語で記載しても、日本人の配達員には理解できません。

    そのため、海外から日本に手紙・荷物を送る場合は、建物名は日本語の読み方をローマ字にして表記しましょう。

     

    日本から英語圏に郵送する場合は、現地の表記に合わせて下さい。「mansion」は英語で「大邸宅」という意味になるため、送り先や用途によっては注意が必要です。日本のマンションに送る場合は、「mansion」を使用しても構いません。

    <都道府県・市区町村の表記方法>

    ~アパート

    (アメリカ英語)-apartment

    (イギリス英語)-flat

    ~ビル

    -building

     

    部屋番号の書き方


    部屋番号は、建物名に「#」を付けて下記のように記載しましょう。#を付ける場所は、前でも後でも構いません。#は絶対に必要となるわけではないため、ビル名やアパート名が分かりやすい場合は#を付けなくても構いません。

    日本語:アメイジングアパート202号室

    英語:#202 Amazing-apartment, Amazing-apartment #202

     

    階数の書き方


    建物名の階数を指定したい場合は、「F」「B」を使って表記します。「F(Floor)=地上階」「B(basement)=地下」を意味します。

    日本語:アメイジングビル 2階

    英語:Amazing-building F2

    ただし、地域によっては「Level」を階数に使う場合もあります。

     

    郵便番号の書き方


    郵便番号の順番は、日本語と同じです。ただし、「〒」のマークは、日本国内でしか使われていないため、英語で住所を書く時は使用しません。

    また、一般的に日本語の郵便番号は、住所の前に書きますが、英語では国名と都道府県名の間に記載します。

    日本語:〒100-0014 東京都千代田区

    英語:Chiyoda-ku, Tokyo 100−0014, Japan

     

    郵便番号のハイフンの位置や数字の桁数は、国ごとに異なります。誤送を防ぐためにも、他国に送付する場合、郵便番号の形式を送付前に調べておきましょう。

    はがきや配送依頼書によっては、郵便番号を別途記載する場合もあります。その場合郵便番号は、イギリス英語で「Postal Code」、アメリカ英語で「ZIP Code」と表記されています。

     

    住所・宛名・連絡先の配置場所


    国際郵便でやメールを送る場合、住所・宛名の他に、連絡先も記載する必要があります。

    ただし、下記のように英語で住所・宛名を書く場合、順番が日本語と異なります。

    日本語:宛名→住所

    英語:住所→宛名

    例:

    To Mr. Ichirou Tanaka

    1-×-△ Nagata-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 100−0014, Japan



    宛名の書き方


    宛名には、名前の前に「To」と「Mr.(男性への敬称)」もしくは「Ms.(女性への敬称)」を付けましょう。

    従来使われていた既婚女性への敬称「Mrs.」・未婚女性への敬称「Miss」を使うと、女性だけ既婚・未婚を分けることなるため、現在はほぼ使われていません。

    会社や組織に所属している場合は、Toの代わりに「Attn(attention)=~宛て、~行き」+「:(コロン)」を名前の前に付けましょう。

     

    送り主の名前は、名前の前に「From」をつけて、宛名と区別しましょう。

     

    住所・宛名・連絡先の書く位置


    国際郵便の住所・宛名・連絡先は、右下に大きく記載しましょう。右上は、切手を貼るスペースを空けておいてください。

    送り主の情報は、左上に小さく書きます。

     

    連絡先の書き方


    Eメールや名刺など連絡先を記載する場合は、Eメールと固定電話・携帯電話を並列して書きます。名前→住所→連絡先の順に記載しましょう。

     

    電話番号の前には、日本の一般電話・スマホの電話番号であることを意味する「+81」を記載しておくと親切です。81を記載する場合は、電話番号の先頭にある「0」を除いて表記します。

    Mr. Ichirou Tanaka

    1-×-△ Nagata-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 100−0014, Japan

    E-mail: ××××××@×××.×××

    Tel:+81-××-××××-××××

    Mobile:+81-××-××××-××××

     

    まとめ


    今回は、英語の住所の書き方を紹介しました。英語の住所は、日本語の住所と書く順番が反対で、表現方法にも注意が必要です。国際郵便・電子メールなど住所を書く物によっても、書き方や記載位置に気を付けなければなりません。

    日本人・外国人の配達人に住所を理解してもらうためにも、正しく住所を書けるように、当記事を参考にしてください。特に「Japan」は大文字で書いたり、太文字で書いたりして強調しておくのがおすすめです。

    最新記事

    関連記事

    SNS

    英会話教室の評判

    エリアから英会話探す

    試験対策

    英語独学

    実用的な学習メモ

    Close Menu