【英語の日付】書き方・読み方&年月日の英単語スペルを完全網羅

英語の日付の書き方
英語に慣れていない場合、「日付の書き方」には注意が必要です。英語の日付は、アメリカ式・イギリス式・フォーマル・カジュアルで書き方・読み方が異なります。当記事では、正しい日付の書き方と、日付を記載する際によく使う英単語スペルを一覧で紹介します。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top

    「英語の日付の書き方」は使用状況に応じて使い分けよう!

    「日付の書き方」は、英語に慣れていない人にとって戸惑うポイントです。英語と日本語で、日付の表記方法が異なることは広く知られていますが、正しい書き方・読み方は分からないという人は多いでしょう。

     

    英語の日付は、アメリカ英語・イギリス英語で表記方法が異なります。さらに、ネイティブはフォーマル・カジュアルとシーンによっても日付の表現を使い分けています。

     

    今回は、使い分けるポイントが多々ある「英語の日付」について『記載の順番』『アメリカ式・イギリス式の書き方・読み方』を解説します。表記がすぐに暗記できない人向けに、『年月日・曜日の表記・読み方一覧』も掲載するため、普段の仕事や勉強中に確認いただけます。

     

    基本の年月日・曜日の記載順

    アメリカ式の英語は、主にアメリカ・カナダの北米で使われています。イギリス式の英語は、ヨーロッパ諸国・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカ・インド・シンガポールなど、イギリス近い国や、イギリス人の移民が多かった国で使用されています。

     

    日本語では、「年→月→日→曜日」の順番で日付を書くのが一般的ですが、アメリカ式英語・イギリス式英語では、それぞれ下記のように表記します。アメリカ式英語・イギリス式英語の違いは、「月・日の表記順序が逆」という点です。

    アメリカ式英語

    イギリス式英語

    曜日→→年

    曜日→→年

     

    世界的には、「日→月→年」が広く使われていますが、カナダなど「日→月→年」「月→日→月」「年→月→日」のいずれの表記を使用する地域も存在します。そのため、アメリカ式・英語式どちらを使っても失礼はありません。ビジネスで使う場合は、特に自社内にルールが無い限り、取引相手が使っている英語に合わせて使用する表記を選ぶのが基本です。

     

    入力欄などでよく見かける「mm/dd/yyyy」「dd/mm/yyyy」は、「m(month)=月」「d(day)=日」「y(year)=年」で日付を表しています。アメリカ式・イギリス式英語のどちらを使っているか誤解を招かないように「5/12/2020(mm/dd/yyyy)」などと記載す場合もあります。

     

    【アメリカ式・イギリス式】日付の書き方・読み方

    アメリカ式英語・イギリス式英語では、フォーマル・カジュアルの表記方法がそれぞれ異なります。日本語と同様に、ビジネスなどフォーマルなシーンでは丁寧に表記し、カジュアルな表記では「省略表記」や「/(スラッシュ)」など簡易な表記を使います。

    2020年1月15日(2020/1/15)

     

    アメリカ式英語

    イギリス式英語

    フォーマル

    January 15th, 2020

    January 15, 2020

    15th January, 2020

    15 January, 2020

    カジュアル

    Jan 15 2020

    1/15/2020

    1/15/20

    1/15/’20

    15 Jan 2020

    15/1/2020

    15/1/20

    15/1/’20

    読み方

    January (the) fifteenth twenty twenty

    the fifteenth of January twenty twenty

     

    英語の日付使われる年月日・曜日一覧

    ここからは、英語の日付に使われる年月日・曜日を一覧で紹介します。普段英語を使わない人やつづりを覚えきれていない人は、くり返し使用することで、暗記を促進できます。英語に慣れていない人は、日記やスケジュール帳に使用して練習するのがおすすめです。

     

    「月」の表記と読み方

    日本語

    英語正式表記・読み方

    省略表記

    1月

    January

    Jan.

    2月

    February

    Feb.

    3月

    March

    Mar.

    4月

    April

    Apr.

    5月

    May

    May.

    6月

    June

    Jun.

    7月

    July

    Jul.

    8月

    August

    Aug.

    9月

    September

    Sep.

    10月

    October

    Oct.

    11月

    November

    Nov.

    12月

    December

    Dec.

     

    「日」の表記と読み方

    日本語

    英語表記

    読み方

    1日

    1st

    first

    2日

    2nd

    second

    3日

    3rd

    third

    4日

    4th

    fourth

    5日

    5th

    fifth

    6日

    6th

    sixth

    7日

    7th

    seventh

    8日

    8th

    eighth

    9日

    9th

    ninth

    10日

    10th

    tenth

    11日

    11th

    eleventh

    12日

    12th

    twelfth

    13日

    13th

    thirteenth

    14日

    14th

    fourteenth

    15日

    15th

    fifteenth

    16日

    16th

    sixteenth

    17日

    17th

    seventeenth

    18日

    18th

    eighteenth

    19日

    19th

    nineteenth

    20日

    20th

    twentieth

    21日

    21st

    twenty first

    22日

    22nd

    twenty second

    23日

    23rd

    twenty third

    24日

    24th

    twenty fourth

    25日

    25th

    twenty fifth

    26日

    26th

    twenty sixth

    27日

    27th

    twenty seventh

    28日

    28th

    twenty eighth

    29日

    29th

    twenty ninth

    30日

    30th

    thirtieth

    31日

    31st

    thirty first

     

    年」の表記と読み方

     

    日本語表記

    英語表記

    読み方

    2桁ずつ区切る場合

    1915年

    1915

    Nineteen ninety five

    1999年

    1999

    Nineteen ninety nine

    下2桁がゼロの場合

    1900年

    1900

    Nineteen hundred

    1800年

    1800

    Eighteen hundred

    10の位がゼロの場合

    1106年

    1106

    Eleven oh six

    1901年

    1901

    Nineteen oh one

    2001~2009年の場合

    20001年

    2001

    Two thousand (and) one

    Twenty oh one

    2005年

    2005

    Two thousand (and) five

    Twenty oh five

    2010年以降の場合

    20011年

    2011

    Twenty eleven

    Two thousand (and) eleven

    2020年

    2020

    Twenty twenty

    Two thousand twenty

    2021年

    2021

    Twenty twenty one

    Two thousand (and) twenty one

     

    「年代」の表記と読み方

    下1桁がゼロの場合

    1970年代

    1970s

    70s

    70’s

    Nineteen seventies

    1980年代

    1980s

    80s

    80’s

    Nineteen eighties

    2010年代

    2010s

    Twenty tens

    下2桁がゼロの場合

    1900年代

    1900s

    Nineteen hundreds

    900年代

    900s

    Nine hundreds

    下3桁がゼロの場合

    2000年代

    2000s

    Two thousands

    1000年代

    1000s

    One thousands

     

    「曜日」の表記と読み方

    日本語

    英語正式表記・読み方

    省略表記

    月曜日

    Monday

    Mon

    火曜日

    Tuesday

    Tue

    水曜日

    Wednesday

    Wed

    木曜日

    Thursday

    Thu

    金曜日

    Friday

    Fri

    土曜日

    Saturday

    Sat

    日曜日

    Sunday

    Sun

     

    英語の日付に必要な「前置詞」の種類と使い分け

    英語で日付を記載する場合は、「前置詞」の使用が欠かせません。前置詞は、日本語でいうと「~から」「~に」などの助詞に相当する役割を持っています。

    前置詞を組み合わせれば、下記のようなビジネスで頻繁に必要となる「詳しい日時の指定」も可能です。

     

    「12月8日午前9時に、弊社のオフィスにお越しいただけますか?」

    Could you please come to our office at 9:00 a.m on December 8th?

     

    「2019年11月25日木曜日の朝」

    Friday morning, November 25, 2018

     

    使用する前置詞は、「いつ・何を意味したいか」で変わるため、各前置詞の使い分けを覚えましょう。

     

    「時間」を指定する前置詞

    時間を指定する場合は、前置詞「at」を使います。「~時ピッタリ」を意味する「o’clock」や、午前午後を意味する「a.m/p.m」なども併せて使うと、さらに詳細な時間を指定できます。

     

    表記例

    例文

    時間

    at 10

    at nine o’clock

    at 7:20 p.m

    I’ll see you tomorrow at 10 am.



    「特定の日付」を指定する前置詞

    何月何日のように、特定の日付を指定する場合は、前置詞「on」を使います。曜日の場合も同様に「on」を使用します。

     

    表記例

    例文

    日付

    on May 3rd

    That shop is going to open on May 3rd.

    曜日

    on Monday

    Let’s go for a drink on Friday.



    「期間」を指定する前置詞

    一定の長さを持った期間を伝えたい場合は、前置詞の「in」を使いましょう。ある程度の長さが必要となるため、1日2日など短い期間ではなく、主に「年」「月」「季節」「世紀」「年代」に使われます。

     

    表記例

    例文

    in August

    I went to America in August.

    in 2020

    He is going to watch the Olympic Games in 2020.

    季節

    in summer

    I plan to move to Tokyo in this summer.

    年代

    in 1980s

    This fashion was very popular in 1980s.

     

    「特定の日付~特定の日付まで」を指定する前置詞

    「~日から~日まで」という特定の期間を伝えたい場合は、前置詞の「from」と「to・through・till・until」を使います。先述した「at」や「on」を組み合わせることで、更に詳しく年月日・曜日・時間を指定することができます。

     

    表記例

    ~日から~日まで

    from July 1st to 15th, 2020

    from July 1st through July 15th, 2020

    from July 1st till July 15th, 2020

    from July 1st until July 15th, 2020

     

    注意すべき単語と前置詞

    英語の日時を表す前置詞では、単位の小さい順に「at」→「on」→「in」を使用します。そのため、基本として、前項までに紹介した「時間」「日付・曜日」「期間」それぞれの前置詞を覚える必要があります。ただし、何にでも例外があるように、場合によってはこの法則が当てはまらないケースがあるため注意が必要です。

     

    表記

    週末

    アメリカ英語

    on weekend

    イギリス英語

    at weekend

    平日

    on weekday

     

    その他の日付に関する表現

    最後は、日付に関するその他の表現や、よくある表現をまとめて紹介します。

    ・複数の日付を指定する表現

     

    表記例

    複数の日付を指定する

    March 12th,13th and 14th,2019

    複数の日付から選択する

    March 12th,13th or 14th,2019

    違う年の日付を指定する

    April 24th,2019 and January 19th,2020

     

    ・日付を入れるファイル名

    ”ファイル名”mar01072019

    “ファイル名”2020_12_17

    “ファイル名”2020-12-17

    “ファイル名”20201217

     

    ・日本元号

    年号

    表記

    表記例

    昭和

    Showa (era/period)

    Showa 45

    the 45th year of Showa era

    平成

    Heisei (era/period)

    Heisei 26

    the 26th year of Heisei era

    令和

    Reiwa (era/period)

    Reiwa 2

    the 2nd year of Reiwa era

     

    まとめ

    今回は、英語を使った日付の書き方・読み方や、日付に関わる英単語をまとめて紹介しました。英語の日付表記は、ファイル名の保存や、ビジネスレター・資料作成の際など広く活用することができます。

    日付の書き方や読み方は、地域やシーン別にさまざまあるため、使用する相手やシチュエーションによって、適切な表現を利用してください。一度、自社の表記・自分の表記形式を決めたら、相手が混乱しないよう、毎度同様の表記を使用しましょう。

     

    最新記事

    関連記事

    SNS

    英会話教室の評判

    エリアから英会話探す

    試験対策

    英語独学

    実用的な学習メモ

    Close Menu