【TOEIC対策まとめ】初心者必見のTOEIC勉強法、無料過去問、TOEICスクール5選

TOEIC対策−TOEIC勉強法−TOEICスコア−TOEIC過去問
900点を目指すTOEIC対策です。この記事ではTOEIC対策に集中して、TOEIC構成・スコアから、TOEIC時間配分、リスニングとリーディング対策と勉強法、練習問題、おすすめ教材紹介しています。そして、TOEIC対策に強いスクールロゼッタストーン 、イングリッシュイノベーションズ 、プレゼンス、日米英語学院などの五つ社も比較します。TOEIC対策を総合的にまとめました。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top
    目次
      Add a header to begin generating the table of contents
      Scroll to Top

      TOEICとは?

      TOEIC(トーイック)とは、母語は英語ではない人を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験です。
      TOEICテストは、聞き取り (Listening) が100問と読解 (Reading) が100問の計200問の構成となっています。設問は身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られています。

      日本では、2016年の5月から新形式になりました。TOEIC対策の参考書を買う時、出版時期に注意しなければなりません。

      2019 TOEIC レベル

      TOEICのスコア分野は、聞き取りと読解でそれぞれ495点となっており、合計では990点となります。スコアを計算する方法は絶対評価ではなく、Equatingと呼ばれる方法を使われています。

      TOEICと英検 スコア換算表

      400未満:英検3級
      400〜540:英検準2級
      550〜775:英検2級
      785〜935:英検準1級
      945以上:英検1級

      もっと詳しいレベル評価は下に紹介します。

      TOEIC スコア 目安

      公式なレベル別評価の一覧表↓

      TOEIC リスニング スコア5~270
      長所
      • 写真描写において、写真の主旨に関する短い(一文の)記述が理解できる。
      • 長い聴解文において、情報が何度も繰り返されたり、語彙が簡単なときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できることもある。
      • 短い会話や写真描写において、語彙が簡単で、話のごく一部を理解すればよいときは、話の詳細や写真に関する記述が理解できる。
      • 長い聴解文において、解答に必要な情報が話の最初か最後に提示され、問題中に使用されている表現と一致するときは、話の詳細が理解できる。
      弱点
      • 短い会話において、表現が直接的で、予想外の情報が提示されることがなくても、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できない。
      • 長い聴解文において、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があるとき、もしくはやや難しい語彙が使用されるときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できない。
      • 短い会話において、やや難しい語彙が使用されるとき、もしくは構文が複雑なときは、話の詳細が理解できない。否定構文が使用されるときは、詳細が理解できない。
      • 長い聴解文において、解答に必要な情報が話の途中で提示されたときは、話の詳細が理解できない。言い換えられた情報や難しい文法的な構造が理解できない。
      TOEIC リスニング スコア275~370
      長所
      • 短い会話において、特に語彙が難しくないときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が推測できることもある。
      • 長い聴解文において、情報の繰り返しや言い換えがあるときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できる。
      • 短い会話において、簡単な、または中級レベルの語彙が使用されるときは、話の詳細が理解できる。
      • 長い聴解文において、情報が繰り返され、解答に必要な情報が話の最初か最後に提示されるときは、話の詳細が理解できる。情報が少し言い換えられていても、詳細が理解できる。
      弱点
      • 短い会話において、応答が間接的だったり、簡単に予測できないとき、もしくは語彙が難しいときは、話の主旨、目的、基本的な文脈の理解が困難である。
      • 長い聴解文において、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があるとき、もしくは難しい語彙が使用されるときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できない。
      • 短い会話において、構文が複雑なときや、難しい語彙が使われている場合は、話の詳細が理解できない。否定構文が使用されるときは、詳細が理解できないことが多い。
      • 長い聴解文において、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があるとき、もしくは情報が繰り返されないときは、話の詳細が理解できない。言い換えられた情報、または難しい文法的な構造はほとんど理解できない。
      TOEIC リスニング スコア375~495
      長所
      • 短い会話において、応答が間接的だったり、または簡単に予測できないようなものであっても、幅広い語彙(あまり使われない語彙、あるいは様々なトピックで用いられる語彙)を使用した話の主旨、目的、基本的な文脈が推測できる。
      • 長い聴解文において、幅広く語彙が使用されていても、話の主旨、目的、基本的な文脈が推測できる。情報の繰り返しや言い換えがなかったり、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があるときでも、同じことができる。
      • 短い会話において、否定構文が使用されていたり、構文が複雑だったり、難しい語彙が使われている場合でも詳細が理解できる。
      • 長い聴解文において、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があったり、情報の繰り返しがなくても、話の詳細が理解できる。情報が言い換えられていたり、否定構文が使用されていても、詳細が理解できる。
      弱点一般的に、このレベルのスコアを取得する受験者には、解答する際に、あまり使用されない文法や語彙が出てくるときにのみ、弱点が認められます。
      TOEIC リーディング スコア5~220
      長所
      • あまり広い範囲を読む必要がないとき、ならびに文章中に使われているのと同じ表現が問題に使用されているときは、事実に基づく情報に関する問題に正答できる。
      • 簡単な語彙、よく使用される句が理解できる。
      • あまり広い範囲を読む必要がないときは、よく使用される、規則に基づいた文法構造が理解できる。
      弱点
      • 文章中の情報について、推測ができない。
      • 事実に基づく情報の、言い換えが理解できない。解答するとき、問題に使用されているのと同じ単語や句を文章の中から探すことに頼る。
      • 一つの文中の情報さえ、関連付けることができないことが多い。
      • 限られた語彙しか理解できない。
      • 文法以外に難しい言語的要素(難しい語彙が使用されている、情報を関連付ける必要がある)がある場合は、簡単な文法構造も理解できない。
      TOEIC リーディング スコア225~320
      長所
      • 限られた長さの文章においては、簡単な推測ができる。
      • 文章中に使われているのと同じ表現が問題に使用されているときは、事実に基づく情報に関する問題に正答できる。正しい選択肢が文章中の情報を簡単に言い換えたものであれば、事実に基づく情報に関する問題に答えられることもある。
      • 一つの文、または二つの文にわたる情報を関連付けることができることもある。
      • 簡単な語彙が理解できる。中級レベルの語彙を理解できることもある。
      • よく使用される、規則に基づいた文法構造が理解できる。文法以外に難しい言語的要素(難しい語彙が使われている、情報を関連付ける必要がある)がある場合でも、文法的に正しい選択肢が選べる。
      弱点
      • 言い換え、または情報の関連付けが必要な推測ができない。
      • 事実に基づく情報を、難しい語彙を使用して言い換えた場合は、理解する能力は非常に限られている。解答するときは、問題に使用されているのと同じ単語や句を文章の中から探すことに頼ることが多い。
      • 二つ以上の文にわたって情報を関連付けることができないことが多い。
      • 難しい語彙、よく使用される単語の例外的な意味、または慣用句的な使い方が理解できない。似たような意味で使われる複数の単語は区別できないことが多い。
      • より難しい、複雑な、またはあまり使用されない文法構造が理解できない。
      TOEIC リーディングスコア325~420
      長所
      • 文章の主旨や目的が推測できる。詳細が推測できる。
      • 意味を読み取ることができる。言い換えがあっても、事実に基づく情報が理解できる。
      • 文章に使用されている語彙や文法が難しいときでも、文章の限られた範囲内では情報を関連付けることができる。
      • 中級レベルの語彙が理解できる。文脈中の難しい語彙、よく使用される単語の例外的な意味、慣用句的な使い方が理解できることもある。
      • 規則に基づいた文法構造が理解できる。また、難しく、複雑で、あまり使用されない文法的な構造が理解できる。
      弱点
      • 文章内の広い範囲にわたる情報を関連付けることができない。
      • 難しい語彙、よく使用される単語の例外的な意味、または慣用句的な使い方が理解できないこともある。似たような意味で使われる複数の単語は、区別できないことが多い。
      TOEIC リーディングスコア425~495
      長所
      • 文章の主旨や目的が推測できる。詳細が推測できる。
      • 意味を読み取ることができる。言い換えがあっても、事実に基づく情報が理解できる。
      • 文章全体にわたる情報を関連付けることができる。関連する二つの文章のつながりを理解できる。
      • 幅広い語彙(あまり使われない語彙、あるいは様々なトピックで用いられる語彙)、よく使用される単語の例外的な意味、慣用句的な使い方が理解できる。また、似たような意味で使われる複数の単語を区別することができる。
      • 規則に基づいた文法構造が理解できる。また、難しく、複雑で、あまり使用されない文法的な構造が理解できる。
      弱点一般的に、このレベルのスコアを取得する受験者には、解答する際に、多くの考えや複雑な考えが、少ない単語もしくは複雑な方法で表現されている場合、または難解な語彙が出てくる場合にのみ、弱点が見られます。

      (IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)からの資料

      TOEIC 新形式

      「新形式って何が変わったの?」「どう勉強すればいいの?」といった疑問がある人は、新形式の特徴を知って点数アップにつなげましょう!

      TOEIC 無料過去問

      ​​自分のレベルがわからない場合はTOEIC無料試験を試してみましょう!

      TOEICリスニングの対策3つ

      TOEICリスニングセクションの内容は4パートに分かれており、テスト時間は約46分間で、音声は一度しか放送されません。

      Part1ー写真描写問題
      Part2ー応答問題
      Part3ー会話問題
      Part4ー説明文問題

      新制度のTOEICリスニングセクションは、Part3とPart4の長問の問題数が約70%を占めています。基本的な英語能力が求められていますが、解答のテクニックもとても重要です。

      毎日シャドーイングをする

      シャドーイングとは、テキストを読まずに、聞こえるままに英語を真似して声に出す練習法です。英語を読まないので、聴覚に集中できるトレーニングです。最初は多分難しいと感じられますが、毎日練習したら、英語を聞き取れる能力はすぐに上達します。

      単語をしっかり聴き取って発音と意味を理解する

      単語の意味を覚えることは重要ですが、発音もとても大切なポイントです。単語の発音練習でディクテーションができます。ディクテーションは英語を丁寧に聞き取る作業ですので、発音を正しく認識する力を得られます。知らない単語を読む時の推測する力や、文法の理解力もつきます。

      サンプルテストを試す

      本番のテストを受ける前に、数回は必ずサンプルテストで練習しなければなりません。何故なら、リスニングは4パートもあり、各パートの形式が違っています。そしてテストの時、たいていの人は緊張しています。もし問題の形式に慣れていなかったら、自分の実力を発揮できないかもしれません。

      TOEICリーディングの対策3つ

      TOEICリーディングセクションは3パートで構成されて、100の設問を75分間の制限時間で解く部分です。

      Part5ー短文穴埋め問題 30問
      Part6ー長文穴埋め問題 16問
      Part7ー長文読解問題 54問

      問題数がとても多くて、、時間内に解き終えることがTOEICリーディングセクションのポイントです。

      問題のポイントを把握する

      問題数はとても多くて、リーディングのスピードは大切な能力です。しかし、センテンスを一つ一つを読み終えたら、時間はすぐになくなってしまいます。そのため、問題ではどのようなことを聴かれているのか早く理解し、適切な答えを選択します。

      時間制限を測ってパートごとに解く

      リーディングテストでは、時間のコントロールが一番重要です。3パートの問題の時間配分は大体10分、15分、50分です。一問に1分かけられませんので、文章全てを読む必要はありません。そのため、解題のスキルはとても大切で、ちゃんと練習しなければなりません。

      サンプルテストで練習する

      リスニングとの同じように、本番のテストを受ける前に、数回は必ずサンプルテストで練習しなければなりません。問題の形式に慣れることだけではなく、時間のコントロールも練習のポイントです。

      TOEIC対策に向けアプリと教材

      自分の現況を把握して、自分のレベルに一番合わせてTOEIC対策を作ったほうがいいです。今いろいろなTOEIC教材がありますが、おすすめのものを下にあげました。これはTOEIC対策に向けの英語勉強アプリ−スタディサプリとTOEIC対策本を参照してください。

      スタディサプリ
      スタディサプリTOEICは英語学習アプリ+専属コーチのコーチングという形式になるのですが、月額約2.4万円で無制限にTOEIC対策学習が可能かつ専属のコーチによるアドバイスも貰えるという、TOEICスクールの中でも断トツのコスパを誇ります。
      スタディサプリTOEIC最初の7日間は無料体験もできるため、短期間でTOEICの大幅スコアアップを目指したいものの「独学では学習方法が分からない」「スクール通学のコストと時間はかけられない」という方に大変おすすめです。

      TOEIC(R)L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー
      実際のテストに登場する英文を使って単語を覚えることで、本番で実力を確実に発揮することができる語彙力が身につきます。最高の学習パフォーマンスを誇る単語集を使って、目標スコアを着実に獲得しましょう!

      TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問
      正解への道筋を、1つひとつていねいに解説。間違い選択肢がダメな理由まで説明しているので、腹の底から納得できる内容です。これまでなんとなく解いていた問題を、論理的に、しかも素早く解答できるようになります。

      TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)
      TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング
      本番で予想されるあらゆるタイプの問題を5回の模試に完全網羅します。精鋭講師陣が新形式と最新の出題傾向を徹底解説します。すべての設問について、正解を導くための手順と考え方をていねいに説明もあります。スコアアップに直結する解答戦略と学習ポイントをアドバイスしたコラムも充実します。1セットごとに本番でのスコアが予測できる「スコア算出表」つきます。

      TOEIC対策に強い5社スクールの比較

      TOEIC対策に強い5社の比較は、ほとんど全国にスクールがあります。英語学習者にとって役立つ学習ができます。もし所在地にスクールがなかったら、オンラインサビースもありますので、どこでもいつでもTOEICの勉強ができます!

      ロゼッタストーン・ラーニングセンター

      ロゼッタストーン・ラーニングセンターは500万人以上ユーザーがいるeラーニングシステムとマンツーマンレッスンを掛け合わせた英会話スクールです。ロゼッタストーン・ラーニングセンターではTOEICスコアを集中的に伸ばしたい方向けの「TOEIC集中コース」を開設しており、いろいろなコースプランがあります。

      スクール数
      全国にある80校以上

      イングリッシュイノベーションズ

      イングリッシュイノベーションズは最先端のテスト対策とネイティブ講師によるオールイングリッシュの授業で、効率的に点数アップを実現する授業を誇ります。中級以上の方は1年間でTOEIC850点の点数達成を約束しており、期間内に点数が達成できない場合は無料で授業を継続できるプランがあります。

      スクール数

      【新宿校】 
      〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目2−12 松下産業ビル6F 
      TEL:03-4590-0322 

      【横浜校】 
      〒221-0834 神奈川県横浜市神奈川区台町15-1 横浜西口KSビル本館 3F 
      TEL:045-777-5730 

      【京都校】 
      〒600-8007 京都府京都市下京区四条通東洞院東入立売西町66番地 京都証券ビル 8F 
      TEL:075-600-2676 

      【大阪校】 
      〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル 8F 
      TEL:06-7713-2108

      Presence(プレゼンス)

      Presence(プレゼンス)はTOEICのスコアアップに特化した2ヶ月間の短期集中型英語コーチングスクールです。オリジナルカリキュラムが特徴で、TOEICのポイントを独自のテキストで4パターンに分類し、受講生一人一人の課題に合った弱点補強プログラムを用意してもらえます。

      スクール数
      107-0061 東京都港区北青山3丁目11−7

      日米英語学院

      日米英語学院では、入学時にレベルチェックを行います。チェックでは英語力を「聞き取り」「発音」「話し方」「語彙力」「表現力」「文法力」の6つに分け、それぞれの項目を細かく診断し、目標に合わせた学習プランを作成してくれます。

      スクール数
      関東と関西に合計9校(新宿校・渋谷校・池袋校・梅田校・なんば校・天王寺校・京都四条校・神戸三宮校・兵庫川西校)

      AmazingTalker

      オンライン英会話-AmazingTalker

      AmazingTalkerは台湾から発信している外国語学習プラットホームです。自分の条件を入力して、AI(人工知能)で一番自分に合った教師を探して薦めてくれます。英語だけではなく、韓国語、中国語、仏語、スペイン語の教師もいます。全てオンライン授業なので、いつでもどこでも安心してTOEICの勉強ができます。

      スクール数
      全てオンラインコース

      TOEIC対策ポイント

      どんなTOEIC対策をしても構いませんが、目標を設定することが大切です。そして、自分のレベルに合ったTOEIC教材を選んで、TOEICスクールとか、TOEIC独学など、一番適切なTOEIC学習法を探しましょう!

      最新記事

      関連記事

      SNS

      英会話教室の評判

      エリアから英会話探す

      試験対策

      英語独学

      実用的な学習メモ

      Close Menu