英語の助動詞を理解する!頻出助動詞と5つの最重要助動詞を徹底解説

英語の助動詞とは?
今回は、「助動詞の基礎」や「最重要の5つの助動詞」を紹介します。助動詞は、文章の意味を大きく変えるため、基礎となるイメージをしっかりと身に付ける必要があります。助動詞を習得し、より詳細な気持ちを伝える・理解できる英語力を身に付けましょう。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top

    基本的な助動詞を分かりやすく解説!

    助動詞は、動詞の意味を変えることから、英語を習得する上で重要な要素です。当記事では、「助動詞とは?」「どんな特徴があるの?」という疑問に答える、助動詞の特徴を解説します。さらに、「よく使う助動詞の一覧」と「5つの頻出助動詞」も紹介します。

    英語初心者の人、学び直しをしている人は必読です。

     

    英語における助動詞の特徴

    そもそも助動詞とは、その名の通り「動詞を助ける言葉」です。

    日本語の助動詞は、受け身(~られる)・可能(~できる)・使役(~させる)・推量(~だろう)・伝聞(~らしい)など20近い種類が存在します。助動詞は、自立して意味を持つことができないため、「走れる」「手伝わせる」「来るだろう」など動詞と密接に結びついて、動詞の意味を加える役割を担います。

     

    英語の助動詞も同様に、動詞と一緒に使うことで、動詞に意味を加えます。ただし、日本語の助動詞とは異なり、動詞と結びつかずに「主語と動詞の間」に入れて使われます。さらに、助動詞を用いる際は、「動詞が原型になる」「三人称単数現在でも動詞からsがなくなる」という2つの特徴があります。

    He play the piano.

    彼はピアノを弾く。

    He can play the piano.

    彼はピアノを弾くことができる。



    英語の助動詞一覧

    赤文字にした代表的な5つの助動詞は、次項で解説しますが、まずは英検やTOEICで必要となる15個の助動詞を一覧にしました。

     

    英語の助動詞は、1つの単語で2つの意味を持つものが存在します。意味①が対象の助動詞の基本的な意味となります。使用することも多いため、まずは意味①のイメージをインプットしてから、発展的な意味である意味②を覚えましょう。基本的な意味を覚えれば、文脈で意味①なのか意味②なのかを判断できます。

    助動詞

    意味①

    意味②

    can

    (能力・可能)〜できる

    (推量)〜ありうる

    could

    〜できた

    ※canの過去形

    〜かもしれない

    will

    (意志)〜するつもりだ

    ※未来のことを表現

    (高い各進度の推量)~のはずだ

    would

    (過去の強い意思)〜でしょう

    ※willの過去形

    shall

    (約束・予言)〜するつもりだ

    ※未来のことを表現

    ※willより文語的

    should

    (義務・必要)〜すべきだ

    (推量・当然)~のはずだ

    used to

    (過去の習慣的な動作)~したものだった

    (過去の継続的な状態)以前〜でした

     

    ought to

    (義務)〜すべきだ

    〜のはずです

    have to

    (義務)〜しなければならない

    (推量)~に違いない

    must

    (義務)〜しなければならない

    (推量)~に違いない

    need

    〜する必要がある

    had better

    〜した方がよい

    may

    (許可)〜してもよい

    (推量)〜かもしれない

     

    might

    〜かもしれない

    ※mayの過去形

    dare

    あえて〜する

    〜の勇気がある



    【最重要】5つの頻出助動詞

    続いては、必ずチェックしておきたい助動詞5つを紹介します。前項で紹介しきれなかった各助動詞の詳しいイメージや、疑問文・否定文の作り方についても見ていきましょう。

     

    ①Can

    Canは、英語初心者でも耳にしたことがある助動詞で、「可能性」のイメージを持っています。大統領の演説や、映画のセリフでも、非常によく使われます。助動詞のなかでも、特に頻出する助動詞であるため、助動詞を理解できていない人は最初に学習するのがおすすめです。

     

    肯定文のCan

    Canには、「〜できる」「〜ありうる」という2つの意味が存在します。「〜できる」には、さらに「能力的な可能」「状況的な可能」の2つがあります。

    能力的な可能

    I can play tennis.

    私はテニスができる。

    状況的な可能

    I can go home early tonight.

    私は今夜早く帰ることができる。

    推量

    Anyone can make a mistake.

    誰でもミスを犯すことはありうる。

     

    疑問文のCan

    Canは疑問文にすることで、可能・推量のとは別に、「許可」「依頼」の2つの意味も意味することができます。Canの疑問文は、Canを文頭に持ってくることで作ることができます。

    可能

    Can he play tennis?

    彼はテニスができますか?

    推量

    Can she tell a lie?

    彼女は嘘を言っているだろうか?

    許可

    Can I help you?

    何かお手伝いしてもいいですか?

    (=何か手伝いましょうか?)

    依頼

    Can you open the window?

    窓を開けてくれますか?



    否定文のCan

    否定文のCanは、後ろに「not」を付けることで作ることができます。notの付け方は、「can’t」「cannot」の2種類があり、どちらを使っても構いません。

    推量の否定文の場合は、「~のはずがない」という意味になります。

    可能

    I can’t/cannot go home early tonight.

    私は今夜早く帰ることができない。

    推量

    It can’t/cannot be true.

    それは真実のはずがない。



    ②Will

    Willも、Canとおなじくらいよく使われる助動詞で、主に未来の文章を作る時に使用されます。Willの基本イメージは、「~する強い意志」です。「これから~することに強い意志がある」つまり、「~するつもりだ」という理解することができます。

     

    肯定文のWill

    Willの肯定文は、「~するつもり」もしくは「~するだろう」という意味の文章が作れます。助動詞のWillで未来の文章を作る場合は、Tomorrowなど未来の単語と一緒に使いましょう。

    意志

    I will go there,no matter what you say.

    あなたが何と言おうと私はそこに行くつもりだ。

    推量

    She will be in Okinawa now.

     彼女は今頃沖縄にいるはずだ。

     

    疑問文のWill

    疑問文のWillでは、「意志」の意味とは別に、主に「未来」「依頼」の意味を持ちます。依頼の疑問文の場合は、「Will you~?」で始まることがポイントです。

    意志/推量

    Will she go to shopping tomorrow?

    彼女は明日買い物に行くでしょうか?

    依頼

    Will you go to shopping with me?

    私と一緒に買い物に行ってくれる?

     

    否定文のWill

    Willを否定文にする場合は、Willのあとに「not」を付けます。ただし、短縮形にする場合「won’t」となるため注意しましょう。

    意志

    I won’t go to shopping.

    私は買い物に行くつもりはない。

     

    ③May

    Mayは、「上から下への許容」というイメージを持ちましょう。許可や推量は、Canも同義を持っていますが、Mayの方がCanよりも形式ばった言い方となります。

     

    肯定文のMay

    許可のMayは上司が部下に許可を与えるイメージを持つ表現であるため、使用する相手には注意が必要です。

    許可

    You may go to bathroom now.

    今トイレに行ってもいいよ。

    推量

    It may rain tomorrow.

    明日雨が降るかもしれない。

     

    疑問文のMay

    「May I~?」は相手の許可を求める表現で、相手に敬意を払ったニュアンスを出すことができます。「Can you~?」は、自分ができるかどうかの可能性を問う表現であるため、相手と自分は対等であるニュアンスを出すことが可能です。

    許可

    May I go to bathroom now?

    今トイレに行ってもいいですか?

     

    否定文のMay

    Mayの否定文は、後ろに「not」を付けて作ります。許可のMayは、「~しても良い」の否定、「~してはいけない」という意味に転じます。

    許可

    You may not go to bathroom now.

    今トイレに行ってはいけません。

    推量

    It may not rain tonight.

    明日雨は降らないかもしれない。



    ④Must

    Mustは、「強制」「圧力」のイメージを持った助動詞です。話し手が、相手に対して非常に積極的に強制する強い提案を指示します。

    Mustとほぼ同義である「~しなければならない」の意味を持った表現に「Have to~」がありますが、Mustの方が「自分の意思」による強制を表現します。Have to~は、「外的要因による」強制とイメージしてください。

     

    肯定文のMust

    言葉に緊迫感が生まれるため、場合によっては、相手が不快に思ってしまいます。相手との関係性や、状況に応じて、注意しながら使用する必要があります。

    義務

    You must leave here.

    あなたはここを離れなければならない。

    推量

    He must have worked too much.

    彼は働き過ぎだったに違いない。

     

    疑問文のMust

    疑問文を作る場合は、他の助動詞と同様に、Mustを文頭に持ってきます。

    義務

    Must I leave here.

    私はここを離れなければなりませんか?

     

    否定文のMust

    否定文ではMustの後ろに、「not」を付けます。肯定文では、近しい意味を持つHave to~ですが、否定文では「~しなくてもいい」という意味になり、Mustと大きく意味が異なります。

    禁止

    You must not leave here.

    あなたはここを離れてはいけない。



    ⑤Shoud

    「当然・義務」というイメージを念頭に、「こうするべき!」という重い提案から軽い提案まで頻繁に使用されます。Shouldは、Shallの過去形ですが、Shallはあまり日常会話で使われないため、Shouldの方が出会う機会は多いでしょう。

     

    肯定文のShoud

    Shoudには、「義務」「推量」の2つの意味を持っています。Shoudの肯定文では、義務・推量いずれも「Ought to~」を使って書き換えることもできます。ただし、Ought to~はShouldの義務よりも少し強いニュアンスを持ちます。推量の場合は、ShouldとOught to~は同じ役割を持ちます。

    義務・必要

    You should do it now.

    あなたはそれを今すべきでだよ。

    推量・当然

    He should be married.

    彼は結婚しているはずだ。

     

    疑問文のShoud

    疑問文のShouldは、「Ought 主語 to 動詞~?」のように、書き換えることが可能です。

    義務・必要

    Should I do it now.

    私はそれを今すべきですか?。

     

    否定文のShoud

    否定文にするためには、Shouldの後ろに「not」を付けてください。「主語 ought not to 動詞~?」と書き換えることも可能です。

    義務・必要

    You should do it now.

    あなたはそれを今すべきではありません。



    義務・推量を表す助動詞の覚え方

    助動詞では、推量・義務の意味を持つものが複数存在しました。

    義務・推量の意味を持つ助動詞を正しく使うためには、意味の強さを順番に覚えるのがおすすめです。義務・推量ともに、それぞれの特徴や意味の強さを理解することで、自分の意思を的確に表現することができます。

     

    義務

    意味の強さ

    推量

    must

    ~しなければならない

    100%

    ~に違いない

    will

     

    ~のはずだ

    should

    ~すべきだ

    ~のはずだ

    can

    ~できる

    50%

    〜ありうる

    may

    ~してもよい

    〜かもしれない

    can’t, cannot

    ~できない

    0%

    ~はずがない



    まとめ

    今回は、英語の助動詞の基本を解説しました。助動詞は、動詞と一緒に使うことで、動詞に意味をプラスことができます。助動詞は数多くの種類がありますが、まずは基本の5つを覚えましょう。似た意味を持つ表現が他にある助動詞も存在するため、書き換えの練習や、微妙なニュアンスの違いも確認しておきましょう。

     

    最新記事

    関連記事

    SNS

    英会話教室の評判

    エリアから英会話探す

    試験対策

    英語独学

    実用的な学習メモ

    Close Menu