【英語面接回答例】完全対策!サクッと読んで周りと差をつけよう

就職や転職の英語面接で回答に困る人は多いでしょう。面接では、本番で何を聞かれるのか、本番で役に立つポイントを英語面接の本番を想定して、ご紹介します。英語面接の対策として活用してください。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top

    あわせて読む:ビジネス英語特集!

    英語を使う仕事を希望する場合、面接官が外国人でほとんど英語ということもあります。面接官が日本人の場合でも英語を使う仕事を希望するのであれば、英語で面接をすることになるかもしれません。
    この記事では、そんな英語を使う仕事を希望する場合でも英語面接の対策ができるように、英語面接の心得や秘訣、よく聞かれる質問などのポイントを紹介します。

    英語面接は流暢である必要はない

    英語がペラペラじゃないからと落胆するにはまだ早いです。英語面接で見られているのは、「仕事のスキル」です。つまり、「英語を使って何ができるか」を見られています。英語が流暢に話せるかではなく、自分の言葉で自分の考えや意見が言えるかどうかが大切です。流暢である必要はありません。英語面接ではビジネスマナーや単語、フレーズ、ニュアンスを武器にして差を付けましょう。

    英語面接当日までどのように準備していけば良いか

    英語面接を受ける際、当日まで準備をすると思います。では、どのように準備していけば良いのでしょうか。早速、見ていきましょう。

    面接を想定して英語で受け答えする練習

    英語面接を初めて受ける方や以前に受けたことはあるが、時間が立っているという方も多いでしょう。そんな方は、事前に英語に触れて慣らしておく必要があります。普段英語を使っていない人はすぐに単語が出てこない場合も多いため、オンライン英会話や英会話カフェなどで英語に耳を慣らし、話す練習をしておきましょう。
    また、ビジネスで使わない方が良い表現や言い回しなどもその際に英語ネイティブの方にチェックしてもらいましょう。

    英文の履歴書の見直し

    履歴書は必ず面接官が見るものです。面接官は、履歴書から質問を考えるので、履歴書のどの項目について質問されるかを予想しておくと良いでしょう。
    今の仕事、過去の仕事の退職理由、なぜこの会社を受けたのかなどは一般的によくされる質問です。また、自分が培ったことや成果、入社後にどのように会社に貢献できるかなどもこの時にアピールできると良いでしょう。この時、英語で答える場合は分かりやすく説明するように心がけましょう。

    自分の職務経歴に関連する英単語を確認

    面接官が人事の場合、専門用語を多様すると分からないことも多いです。そのため、専門用語を使わないで自分の職務経歴を説明する練習もしておいた方が良いかもしれません。専門用語を使う場合は、その単語についても説明できると良いでしょう。

    英語面接当日

    面接当時は、言うまでもなく第一印象が大切です。まずは清潔感の装いを心がけましょう。男性はスーツ、白いワイシャツ、綺麗な革靴、ネクタイは派手すぎないかを注意し、女性はジャケットを着用するようにしましょう。
    また、面接当時の遅刻は厳禁です。時間の余裕を持って会場に到着するようにしましょう。

    英語面接の際にはどのように自己紹介すれば良いか

    日本の面接では握手をすることはほとんどありませんが、面接官が外国人の場合、面接官と顔を合わせた時に握手をするのは自然の流れです。このような場合は、勇気を振り絞り自分から握手すると好印象です。
    また、面接官に挨拶・自己紹介をする際は、相手の名字を呼びかけ面接の時間を割いて頂いたことに対してお礼を言うのを忘れないようにすると好印象でしょう。

    英語面接の時に使える自己紹介の回答例

    ・Hi, my name is ~. Pleased to meet you.
    こんにちは。私の名前は~です。お会いできて光栄です。
    ・Thank you for giving me the opportunity to talk to you today.
    本日はお時間を割いて頂きありがとうございます。
     
    自己紹介でもビジネス英語が求められている場合は、上記のように丁寧に答えましょう。大切なことは焦らないこと。そして、相手の目を見てしっかり握手をすること。これができれば好印象間違いなしでしょう。

    英語面接でのポイント

    その他にもいくつかポイントがありますので、見ていきましょう。
    ・面接では基本的に聞かれたことに丁寧に答えましょう。
    ・握手をする際は固く、しっかりとしましょう。
    ・椅子に座るのは勧められてからにしましょう。
    ・姿勢正しく座り、気を抜かずにしましょう。
    ・関心がある意思表示をするようにしましょう。
    ・対人能力を発揮することは大切です。
    ・話し上手であり聞き上手でもあること。
    ・アイコンタクトや微笑、頷きなどのアクションも大切です。

    英語面接でよくされる質問と回答例

    英語面接でよくされる質問とそれに対しての回答例を紹介します。職歴は必ずされる質問ですので、よく備えておきましょう。質問の意図を理解し、どのように回答するかが大切です。自身を持って答えるようにしましょう。志望動機は100%聞かれる質問ですので、確認しておきましょう。
     
    <質問>
    What was the reason for leaving your last job?
    なぜ転職しようと思いましたか?
     
    <回答例>
    I have learned a lot from working with some amazing colleagues at my company but I am starting to feel like I need some new challenges.
    前職では素晴らしい仲間と働く中でたくさんのことを学びましたが、今新しい挑戦をしたいと思い始めたからです。
     
    <解説>
    前職を悪く言うのはやめましょう。「うちの会社に入っても文句を言うに違いない」というように捉えられてしまいます。前職で学んだ経験や人のことを言うことで「仕事の中でも学ぶことができる」とアピールできます。「素晴らしい同僚から学んだ」ことをさり気なく言うことで「協調性」もアピールできるので、一石二鳥。また、前職に感謝を示しつつ、新しいことに挑戦したいという向上心もアピールしましょう。「より大きい会社で働きたい」としても良いでしょう。こうすることで、相手の会社をさり気なく褒めることができるので面接官の気分を良くすることができます。
     
    <質問>
    When can you start working with us?
    いつから働けますか?
     
    <回答例>
    Well…I’d love to start working here immediately, but I feel obligated to give at least two months’ notice at my current job.
    そうですね…すぐにでも御社で働き始めたいのですが、現在の職場で少なくとも2ヶ月前に通知をしなければならないのです。
     
    <解説>
    すぐに働きたいことを言いつつ、「前職での義務を果たしてから」と言うことで責任感をアピールできます。

    面接官に英語で質問する場合

    面接官があなたを判断するように、あなたも望んでいる会社かどうかを判断します。その際の質問を英語でする場合も考えておくと良いでしょう。
    熱意が伝わるようにしっかり準備しておくと面接のプラス材料になるでしょう。

    英語面接でよく使われる質問例

    例えば、面接官によって質問事項を考えておくパターンがあります。人事担当者であれば、面接の後々の流れを聞いておくのも良いかもしれません。また、希望する部署やポジションにいる上司が面接官の場合は、具体的な業務内容なども確認しておくと良いでしょう。
    ただし、仕事に関係ないことやホームページを調べれば分かるようなことは、質問しないようにしましょう。福利厚生や給料のことは、面接官によっては答えられない場合があるので注意しましょう。
     
    <質問例>
    What is your company aiming to achieve in this next year?
    御社の次の事業年度の目標はどのようなものでしょうか。
     
    <解説>
    企業の業績や目標に貢献しようと考えていることをアピールできます。
     
    <質問例>
    Would you be able to tell me what the everyday responsibilities of this job are like? How would a typical day go for you?
    毎日の業務は、どのようなものでしょうか。あなたの普段の一日の業務を教えて頂けますか。
     
    <解説>
    会社に入ることが目的ではなく、その後に実際の業務に興味を示すことでやる気をアピールできます。

    英語面接の終わりの際の挨拶

    面接は、あなたが企業に相応しい人物である場でもあり、あなたがその企業を選ぶ場でもあります。
    最後に仕事に興味を改めて示し、あなたは企業にどのような付加価値を与えられるのかを伝えましょう。また、次の面接や結果が出る日、採用プロセスがわからない場合は、確認しておきましょう。
    そして、最後に、時間を割いて頂いた面接官に対して感謝の気持ちを伝えましょう。

    英語面接の対策まとめ

    面接に備えてありとあらゆる対策をしておきましょう。考えられる質問に全て答えられるようにしておけば怖いものはありません。備えあれば憂いなしです。また、面接官に対しての質問も考えておけばあとは、できるだけ緊張せずに堂々と受け答えすることで印象も良くなります。
    面接がうまく行かなかったとしても、面接官が反応を見るために試している場合もあるので、落ち込んだ様子を見せないようにしましょう。
    英語面接でもしっかり対策しておけば、あなたの能力も発揮できるはずです。希望の会社に入れるように頑張りましょう。

    最新記事

    関連記事

    SNS

    英会話教室の評判

    エリアから英会話探す

    試験対策

    英語独学

    実用的な学習メモ

    Close Menu