英会話を上達させる4段階の勉強法とは

英会話を上達させるためにはどんな勉強法が効果的なのでしょうか。英会話を自分で勉強するって、何からやればよいのかわからないという人も多いのでは?今回は、英会話を上達させるにはどのような段階を踏んで勉強していけばよいのか紹介していきます。
英会話を上達させるためにはどんな勉強法が効果的なのでしょうか。これまで学校で色々な勉強をしてきたと思います。ですが、結局学校の勉強だけでは英会話を上達させることはできませんよね。では、英会話を自分で勉強する時はどんな勉強法していけばよいのでしょうか。気になっている人は多いでしょう。反対に、やってはいけない勉強法をやっていないですか?その点も是非確認してみてください。
 

英会話を上達させるならやってはいけない勉強法

英会話を上達させるために勉強していても、中にはやってはいけない非効率な勉強法が存在します。あなたは「勉強しても英会話が上達しない勉強法」をやってはいないでしょうか。
 
完璧になるまで英文法を勉強
英文法は学校で散々勉強しますが、実は英会話を上達させるためには【必ずしも完璧にする必要はない】のです。中学レベルの英文法が分かっていれば英会話の上達には充分です。受験勉強で出てくるような複雑な文法は実際の会話で使うことはほとんどないと思って良いでしょう。そのため、ビジネス英会話を習得しようとしているわけではないのであれば、中学レベルの英文法で英会話は上達できます。
英文法を気にするより、英語を話す機会を1分でも多く確保するほうが上達に繋がります。
 
TOEIC試験で高得点を目指すための勉強
TOEICはリーディングとリスニングの試験ですので、スピーキング能力は上達しません。リスニングでネイティブスピーカーの発音を聞いていれば、英語にも慣れて聞いたことがある表現を脳から引っ張って来ることはできるでしょう。しかし、いくら頭で分かっていても結局言葉で表現できなければ意味がありません。発音も合わせて伝わる英会話を身に付けるためには、リスニングとスピーキングを合わせて勉強し、一緒に上達させていく必要があります。
 
ネイティブ英語に触れるために留学
ネイティブスピーカーの純粋な英語に触れるため、話すために留学を考える方は多いでしょう。しかし、留学をしても相手はゆっくり話してくれませんし、分かりやすい表現をしてくれるわけでもありません。聞き取るのは困難でしょう。ネイティブの表現にはスラングも多いので聞き取れても意味が分からないということも多いかもしれません。
英会話上達のために、ネイティブと話す機会を増やすのは良いことですが留学をする必要はないでしょう。英会話カフェなどで機会得ればネイティブスピーカーの純粋な英語に触れることができます。
 

英会話を上達させる4段階の勉強法とは

英会話を上達させるには英文法を完璧にする必要はない・TOEICの勉強だけでは不十分・留学しても英会話は上達しないと、ここまで散々書いてきましたが、「じゃあ、結局何をすれば英会話が上達するの?」ということですよね。次の項目から英会話を上達させるために必要な勉強を紹介していきますので、是非参考にしてみてください。
 

英会話上達の勉強法【発音】

まず初めに中学校で習う英文法に加え、発音を勉強しましょう。発音は、12歳以降だと会話の中から習得するのが難しくなると言われています。リスニングの真似をして発音を身に付けやすい年齢は12歳以下です。12歳以下のお子さんを持つ方は是非日々のお子さんの勉強に取り入れてみてくさだい。
そして、12歳以上の方でも大丈夫です。しっかり「発音」を学ぶことはできます。発音は一度身に付ければ自転車と同じでなかなか忘れません。最初にしっかりとした発音を身に付ければ日本人のカタコトの発音から抜け出すことができます。
発音をしっかり勉強することで、英語の発音が良くなり、自分の発した発音を耳で聞くことになります。つまり、リスニング力も増していきます。
例えば、LとRの発音などを自分で区別して発音できるようになると、それを聞き取れるようになります。
人は、発音ができないものは聞き取れず認識できませんが、分かるようになれば聞き分けることもできるようになります。発音も上達し、リスニング力も上達するのであれば、一石二鳥ですよね。発音の練習として言葉にすることで、耳も鍛えられるのであれば俄然やる気がでるのではないでしょうか。
発音もリスニングも上達してきたら、その分自信も付きます。自信が付くとネイティブスピーカーともどんどん話したくなっていくでしょう。すると、更に英語力が伸びます。
 

英会話上達の勉強法【文法・表現】

英会話に使う文法は実際のところ中学レベルの文法でほとんどが完結します。日常会話で使う文法は中学レベルで充分です。しかし、その中学レベルの文法でもすぐに思い出せないものやすぐに使えない文法がある人も多いでしょう。そんな時、思い出せない文法やすぐに使えない文法はパターンやフレーズで覚えてしまうのが効果的です。
例えば、if文が苦手であればifを使った文章を10個ほど考えて実際に使って話すことを繰り返していくことで、自分の課題が見えてくるでしょう。また実際に使ってみることで感覚で覚えていくことができます。苦手な文法や表現はパターンやフレーズを使い感覚で覚えていく方法もあるので、困っている方は試してみてはいかがでしょうか。
 

英会話上達の勉強法【話す量を増やす】

英語を話す量を増やすことは、とても重要です。英語は口から発して勉強するのが一番身に付きます。前述した通り、自分の声を耳でも聞くことになるので、相手の話すことも聞き取れるようになります。つまり、話す量を増やすことで英会話は上達するということです。
ネイティブスピーカーと話さなくても良いのです。まずは、自分ひとりで「実際に英語を発する時間を増やすこと」から始めてみてください。正しい発音を意識することで、上達していきます。
ネイティブスピーカーと話す機会があっても実際にあなたが話す時間は短いでしょう。まずは、英語を話す絶対量を増やすことが上達への近道なので、ネイティブスピーカーと話すのは上達して自信が付いてからでも遅くはありません。
具体的な勉強方法としては、英語で「寝る前に1日にあった出来事を口頭で述べる」だけです。例えば、「今日は8時に起きて、顔を洗い、朝食を食べ、最寄り駅に行き、学校で勉強したあと友達と遊びました。」こんな感じの簡単な文章でも「毎日3分程度発することで英語力が身に付いていきます」。
コツは日本語から英語にしないで、知っている英単語の中から自分が使えるものを選び文章にすることです。日本語から英語にする思考回路を取り払い、英語から英文を作り出す思考にしていきます。考え方を変えるには毎日の反復練習が必要です、
毎日寝る前と前述しましたが、スキマ時間を見つけてとにかく練習するのも良いでしょう。
 

英会話上達の勉強法【対話する】

そして最後に実践です。英語漬けの日々で脳が英語に慣れて、アウトプットする思考が身に付き、ある程度話せる自信が付いたら実際に対話してみましょう。
これまでは個人練習でしたが、実際にネイティブスピーカーと話してみても良いでしょう。そこで、英会話カフェやオンライン英会話などを利用し、ひたすら対話してみましょう。
そこでスラングを使うタイミングや意味、相手が言ったことに対して「こういう時はどう返すのが良いか」などを勉強して次に役立てましょう。
繰り返し勉強していくことで英会話は上達していきます。
 

英会話「初心者の壁」・「中級者の壁」を超える

英語に限らず、外国語を勉強すると必ずぶつかる「初心者の壁」です。もちろん「中級者の壁」もありますが、まずは初心者の壁を超えることが大切と言えるでしょう。
英語脳ができあがっていない状態で英語を話そうとしても、知っている単語も少なく文法もよく分からず、文章を作るのに時間がかかり、日本語から英文を作ろうとし、相手の発音が聞き取れずというように最初はまったく話せません。
これを乗り越えるためにはとにかく量をこなすことです。練習に練習を重ね、コツコツと継続していくことが上達の第一歩となります。
継続していくと、簡単な内容なら聞き取ることができ、ゆっくりではあるが話せるようになってきます。
そして、次に当たるのが中級者の壁です。ある程度日常会話が話せるようになり、知ってる単語である程度会話も成立してしまうため、レベルアップのモチベーションが保てない状態になります。ですが、これも個人練習でさらにコツコツ継続していき、対面のアウトプットで意識的に普段使わない単語や変わった内容の話をすることで超えることができます。
焦らずコツコツ続けることが上達の鍵です。
 

勉強方法を見直して英会話を上達させましょう

文法とリスニングをひたすら勉強していく日本の教育では、英会話は残念ながら上達しません。学生の方は、学校で勉強する英文法やリスニングに加えて、自主的に練習を繰り返しましょう。学校にネイティブスピーカーの先生がいるのであれば、話し相手になってもらうのも上達の近道でしょう。学校に通っていない方は、英会話カフェやオンライン英会話を利用して練習した成果をアウトプットしていき、更にそこで勉強していきましょう。
個人練習と対面での会話を繰り返していくことで上達していきますので、地道にコツコツ積み上げていきましょう。
關於 AmazingTalker

關於 AmazingTalker

AmazingTalker 是為想學語言的人所打造的線上外語學習平台,透過100%透明的資訊與大數據的排列組合,令每個想學外語的學生都能找到最適合自己的網上外語導師和一對一課程,用最有效的方法學習外語。

了解更多

想提昇英語能力?為你推薦香港熱門英文導師!

你可能會感興趣

魚は英語で“ghoti”!?正しい発音をするためにIPA(国際発音記号)を覚えよう!

英語の発音を上達させるために最近は会話のリズムや抑揚を理解することが注目されています。一方で、発音記号を理解して正しい発音を身に着けることは意外と軽視されがちです。今回の記事では正しい発音を理解するために必須なIPA(国際発音記号)の基本についてご紹介したいと思います。

閱讀更多 »

[ex.是錯?] such as, for example, e.g., etc 舉例正確用法詳解 – Cindy英文教室

Cindy老師平時跟大家上課的時候,當提及到與例子有關的英文時,大家都可以馬上想到for example、such as等等的詞彙,可是有不少學生在使用這些詞彙的時候其實都不太理解它們之間的區別,甚至會用錯!所以今天cindy老師就為大家整理了這些容易混淆的字詞的用法意思大整理!最後還有練習和筆記下載喔!

閱讀更多 »

魚は英語で“ghoti”!?正しい発音をするためにIPA(国際発音記号)を覚えよう!

英語の発音を上達させるために最近は会話のリズムや抑揚を理解することが注目されています。一方で、発音記号を理解して正しい発音を身に着けることは意外と軽視されがちです。今回の記事では正しい発音を理解するために必須なIPA(国際発音記号)の基本についてご紹介したいと思います。

閱讀更多 »