小学生の英語学習でおすすめのお金がかからない勉強方法

小学生から英語学習を考えている親御さんはとても多いです。小学生から英語が授業に加わり悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回は小学生から始められるおすすめの英語学習方法をまとめましたので、是非参考にしてみてください。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top
    小学生のお子さんをお持ちの親御さんは、お子さんの英語の勉強で悩んでいる方も少なくないでしょう。2020年に英語学習要領が変わり小学3年生以上は英語の授業が必修になったことで、「なにから始めればよいかわからない」というご家庭も多いでしょう。そこで今回は小学生から始められるお金がほとんどかからないおすすめの英語学習方法をまとめましたので、是非参考にしてみてください。
     

    英語教育は小学生から開始

    2020年から小学校の英語教育の方針が変わり、3年生から英語の授業が始まり、5年生からは英語が正式科目になり成績が付きます。英語の授業がこれまでよりも早く始まることで英語能力の向上を測っています。週1~2時間程度の頻度で英語の授業は行われますが、小学3年生から英語が始まるということは、小学生以降、つまり中学~大学の英語の授業のあり方も変わってくるでしょう。例えば、覚える単語の数が一気に増えることや「読み」「書き」とこれまでに加え「聞く」「話す」も重要視されるようになるので、授業方法も変わってくることが予想されています。
     

    中学生・高校生・大学生の英語も変わる

    小学生の英語学習が変わるので、中学高校大学の英語教育も変わってきます。当然、大学入試も変わり、レベルが上がることが予想されます。
    中学・高校の英語の授業はこれまでの学習に「話すこと」が加わります。中には既に先生と生徒が英語でやり取りするオールイングリッシュ授業が行われているところもあるといいます。
    大学入試も「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を測るTOEFLなどの英語検定の利用するよう進められています。
    このように英語学習に「聞く」「話す」が加わり大きく英語教育が変化していくので、基礎英語がより大切になってきます。
     

    小学生の英語学習のポイントは「遊べる英語学習」

    「何から始めたらよいかわからない」という親御さんは多いでしょう。小学生の英語学習のポイントは「遊びながら英語を覚えること」「英語学習を遊びにすること」です。
    英語学習に遊びを取り入れることで自然に英語に触れることができます。大人の英語でも同じですが、毎日英語に触れることが自然に英語を身に付けるポイントです。
    特に、小学生の低学年ではアルファベットや単語のドリルなど机に向かって勉強する方法よりも英語のおもちゃで遊んだり、英語の絵本やアニメなどを見たほうが楽しく英語を学習でき、自然に英語に触れることができます。お子さんが楽しいと感じれば自分から英語に触れるので、英語を好きになるキッカケとしても注目されています。
    無理に勉強させると苦手意識が付いてしまうので、お子さんが「興味」を持つようにしてあげましょう。
     

    小学生におすすめの英語学習方法

    小学生が自宅で勉強するなら、遊びながら英語に触れる方法で勉強する方法がおすすめです。英会話教室はお金がかかりますし、今回はほとんどお金がかからない方法を紹介していきます。
     
    読み聞かせ
    小学生の英語学習で「絵本の読み聞かせ」はリスニングにも効果的です。
    絵本の読み聞かせには以下のようなメリットがあります。
     
    ・絵でストーリーをイメージしやすい
    ・記憶にも残りやすい
    ・リスニングに効果的
    ・興味を持ちやすい
    ・一緒に読むことで発音の練習にもなる
    ・親御さんの英語練習にもなる
     
    まず「英語に興味を持ってもらう」というキッカケには良いのではないでしょうか。
    英文が短いものの方が難しくなく、親御さんも一緒に読むこともできるので、よいかもしれませんね。
    英語の絵本選びで迷ったら、レベル別で分かれている「Oxford Reading Tree(ORT)シリーズ」がおすすめです。
     
    英語のアニメや動画を見る
    アニメや動画であれば、「勉強している」という感覚もなくお子さんも楽しく見ることができ、自分から進んで見ることもあるでしょう。絵本と違って読み聞かせる必要もないので親御さんの負担も減ります。
    ジェスチャーや表情、BGMといった文字以外の情報が多いので言葉が分からなくてもストーリーがなんとなく分かるため、難しいと心配する必要もないでしょう。ストーリーだけ先に教えて、見せるのもよいかもしれませんね。日常的なシーンが多い作品を選ぶと実際にも使えるのでより良いでしょう。動画は、YoutubeやNetflixを使えば、お金もほとんどかからず済みます。
     
    英語の歌を聞く・歌う
    歌の歌詞はリズムに乗せるので覚えやすいです。小学生や小さいお子さんの場合、親御さんと一緒に楽しみながら歌っているだけでどんどん覚えていきます。聞くだけでなく実際に歌ったり、ダンスや振り付けなどがあればさらに英語の吸収率は上がります。Youtubeに童謡の専門チャンネルなどもあるので、利用してみると良いでしょう。
     
     
    スマホアプリで学習
    スマホアプリでスキマ時間を利用して学習できるアプリが多々あります。アプリでの学習はゲーム感覚で短時間で学習できるので、小学生のお子さんでもおすすめです。親子で学習するのも良いでしょう。子供向けに作られたアプリも多いのでいくつか紹介していきます。
     
    ・「きいて!さわって!ABC英語が身につく!」
    小学低学年向け。英語を学び始めたばかりのお子さんにおすすめです。カード合わせや絵を使ったクイズ形式の問題が多く、ゲームを楽しみながら英語学習できるアプリです。音声はネイティブなので、正しい発音を聞き取る練習にもなります。
     
    ・「Timmy’s Learning New Skills」
    ひつじの人気キャラクターのティミーが出てくるアプリです。日常生活で使う単語を選択する簡単なクイズ形式の問題で英語を感覚的に学習できるアプリです。
     

    小学生の英語学習におすすめのYouTubeチャンネル

    Youtubeであれば無料でハイクオリティーなコンテンツがたくさんあります。英語学習としても良質なチャンネルもたくさんあるので、紹介していきます。
     
    Cocomelon
    英語圏の子どもたちも見て学んでいるというチャンネルです。アルファベット、色、数字などを歌に合わせて学習していきます。登録者数は5000万人以上という大型チャンネルです。字幕付きのスローテンポの音楽なのでお子さんと一緒に親御さんも歌ってみるのも良いでしょう。
     
    Sesame Street
    有名なアメリカの教育番組「セサミストリート」です。公式チャンネルがあり「おかあさんといっしょ」と同様の感覚で見られるのではないでしょうか。1時間程度のフルバージョンもあります。
     
    Snoopy
    スヌーピーで有名な「ピーナッツ」のアニメが見られるチャンネルです。数分程度の短い動画が多く、言葉を話さないキャラクターもいるため、英語がたくさん流れて苦手意識が付きそうという方にはおすすめです。
     

    小学生の英語学習は遊びながら覚えるのがポイント

    英語が小学生から必修になっても慌てることはありません。しっかり英語を楽しみながら学習していけば、覚えるのが早いお子さんは親の心配をよそにどんどん成長していきます。そのために、お子さんには英語に興味を持ってもらう必要があります。
    今回紹介してきた方法であれば、英語学習の入り口として英語に興味を持ってもらうには丁度よいものではないでしょうか。
    ただし、英語学習は大人の場合でも同じですが、すぐに効果が現れるものではありません。長い時間継続することで身に付いていくものです。英語に触れる時間が長ければ長いほど上達も早いでしょう。しかし、お子さんが英語に苦手意識を持ってしまわぬよう、あくまでもお子さんの興味を優先して学習を進めていきましょう。
    教材だけ与えて後は子ども次第だと飽きてしまうことが多いので、お子さんが英語に苦手意識を持たぬよう、親御さんも一緒になって楽しみながら英語に触れることも大切です。
    理解ができるようになってくると、ぐんぐん上達していくので学校での英語学習も怖くないでしょう。

    最新記事

    関連記事

    SNS

    英会話教室の評判

    エリアから英会話探す

    試験対策

    英語独学

    実用的な学習メモ

    Close Menu