「よろしくお願いします」を英語で使い分ける場合

英語で「よろしくお願いします」を言いたい場合、日本では場面ごとに相手が解釈を使い分けてくれますが、英語だと使い分ける必要があります。ではどう使い分けていけばよいのでしょうか。今回はカジュアルからフォーマルな使い方まで場面ごとに説明していきます。
    Add a header to begin generating the table of contents
    Scroll to Top
    英語で「よろしくお願いします」をどう言えば良いのか悩んでいる人もいるでしょう。丁寧に言いたい場合は「よろしくお願い致します」と日本語では表現しますよね。日本では場面ごとに相手が解釈を使い分けてくれますが、英語だと日本語のようにオールマイティーに使えないため、使い分ける必要があります。ではどう使い分けていけばよいのでしょうか。カジュアルからフォーマルな使い方まで場面ごとに説明していきます。
     
     

    「よろしくお願いします」を英語で言う場合の基本

    普段当たり前に使っている「よろしくお願いします」という言葉ですが、日本人でもどういう意味か説明できる人は少ないのはないでしょうか。
    もともと、「よろしく」は「よろしい」という言葉から来ており「よろしいとしてもらう」=「受け入れてもらう」という意味です。つまり、日本語の「よろしくお願いします」には「承諾してください」「私に良くしてください」「私を見守ってください」といった意味が含まれています。
     
     
    日本語の「よろしくお願いします」を英語で直訳すると変?
    では「よろしくお願いします」を英語ではなんというのでしょうか。
    日本語の表現に近付けて言うと「I beg your kindness.(直訳:あなたの優しさをお願いします)」が適当だとされていますが、これは日本文化に詳しい人にしか通じないでしょう。この言い方は丁寧過ぎる言い方なので、ネイティブは使いません。ではどうすればネイティブにも通じる言い方になるのでしょうか。
    正しく英語で「よろしくお願いします」と言う場合、お礼を言う場面で使用することが多いです。「これから先もよろしくお願いします」という表現よりも「ここへ来てくれてありがとう」「時間をとってくれてありがとう」という感謝の表現に使います。仕事を頼む場合も「引き受けてくれてありがとう」「作業してくれてありがとう」といった感謝をよく言います。
    これらのことから「よろしくお願いします」に一番近い英語表現は「Thank you」と言えます。
     

    場面別「よろしくお願いします」の使い方

    英語では感謝の意味が強い「よろしくお願いします」という言葉ですが、日本語と同じように様々な場面で使うことができます。しかし、英語の場合、その場面ごとに使い分ける必要があります。そこで、次は使用頻度が多い場面での言い方を厳選し紹介していきます。
     
    出会った際に「よろしくお願いします」を使う場合
    「よろしくお願いします」は、自己紹介、ビジネスなどで使います。では、初対面の人と会った時に挨拶として使う「よろしくお願いします」の英語表現はどのように言うのか見ていきましょう。
     
    【初対面の際に使う「よろしくお願いします」】
    この場合、日本語で言うところの「はじめまして」の使い方もできます。
     
    ・Nice to meet you.
    一番使われる言い方です。直訳すると「お会いできてうれしいです」というような意味ですが、「よろしくお願いします」という意味も含まれています。
     
    ・It’s pleasure to meet you./Pleased to meet you.
    これも「お会いできてうれしいです」という意味を持ちますが、丁寧な言い方です。仕事相手や上司に使うなど誰に使っても失礼にならない言葉です。
     
    【「これからもよろしくお願いします」の際に使う場合】
    出会って一通り会話を終えた後、「今日はありがとうございました。これからもよろしくお願いします」という意味合いで「よろしくお願いします」を使いたい場合は以下の言い方をする場合が多いです。
     
    ・Nice meeting you.
    ・It was nice to meet you.
     
    どちらも「お会いできてよかったです。」というような意味合いを持ちますが、「今後もよろしくお願いします。」という意味も含まれていますので、どちらを使っても良いでしょう。
    ちなみに、Nice meeting you.の後に以下のようなフレーズを付けることもできるので、是非使ってみてください。
     
    ・Nice meeting you. Keep in touch.
    今後もよろしく。連絡を取り合おう!
     
    ・Nice meeting you. Let’s stay in touch.
    今後もよろしくお願いします。連絡を取り合いましょう。
     
    ・Nice meeting you. I’ll see you around.
    今後もよろしくお願いします。またどこかでお会いしましょう。
     
    ビジネスシーンで使われることは想定できませんが、仲良くしていきたい相手にはこれらの言葉を付け足すことで印象が良くなります。
    また、これとは反対に今後あまり会う機会がないだろうという相手には以下のようなフレーズを使います。
     
    ・Nice meeting you. Let’s keep in touch. Have a nice day.
    今後もよろしく。連絡を取り合おう!良い一日を。
     
    ・It was nice to meet you. Please come again. Have a nice day.
    今後もよろしくお願いします。またいらしてくださいね。良い一日を。
     
    Have a nice day.は、「良い一日を」という意味ですが、別れ際に「あなたが良い一日を過ごせるよう願っています」という思いやりの意味が込められています。
     
     
    ビジネスで「よろしくお願いします」を使う場合
    仕事で出会った相手に対して使う場合は「一緒に仕事ができて嬉しいです」といった気持ちを伝えると良いでしょう。以下のようなフレーズを使えます。
     
    ・It’s pleasure to meet you. I’m excited to work with you.
    よろしくお願いします。(お会いできて嬉しいです)一緒に働けるのが楽しみです。
     
    ・It’s pleasure to meet you. We look forward to doing business with you.
    よろしくお願いします。(お会いできて嬉しいです)私たちは、あなたとお取引ができるのが楽しみです。
    ※会社を代表する場合「We」を使うとよりフォーマルな言い方になります。また、この場合「私たち=会社」あなた「お取引先」という意味を持ちます。
     
    1つ目のフレーズはフォーマルな言い方としてよく使われます。取引相手にも同じ会社の人でも初めて会う人でも使えます。2つ目のフレーズは、会社間の取引といったかしこまった形の場合に使うことが多いでしょう。
     
     
    会議や打ち合わせで「よろしくお願いします」を使う場合
    既に顔見知りの状態で、会議や打ち合わせをする場合の「よろしくお願いします」は、英語で言うと以下のような言い方をします。一般的に「来てくださってありがとうございます。」「お時間をつくってくださりありがとうございます。」といった感謝の意味で使われます。
     
    ・Thank you for taking time to meet us.
    (私たちに)お会いする時間をつくっていただきありがとうございます。
     
    ・Thank you very much for coming.
    来ていただいて本当にありがとうございます。
     
    ・We appreciate you taking the time to meet us.
    (私たちに)お会いする時間をつくって頂いたことに感謝いたしております。
     
    ・I appreciate you coming.
    来ていただいたことに感謝します。
     
    「I appreciate~は「~に感謝します。」で少し丁寧な言い方です。場面によって「I」か「we」に変えても良いでしょう。
    また、上記の言葉に対し返答する場合は、以下のような簡単なあいさつで十分伝わります。
     
    ・Thank you for having me.
    私をよんでいただいてありがとうございます。
    ※複数であれば”me”を”us”に変えましょう。
     
    ・It’s my pleasure.
    こちらこそありがとうございます。
    ※同席者がいる場合は”my”を”our”に変えましょう。
     
    英語の文化は、手短に済ませることが望まれる場合が多いため、あいさつが済んだら本題に入ってしまって問題ないでしょう。
     
     
    頼み事(依頼)をした時「よろしくお願いします」を使う場合
    部下に仕事を頼む時や友達にお願いをした時にも「よろしく!」と使うときがあります。この場合も「ありがとう」の意味の言葉を使うことが多いです。
     
    ・Thanks!
    ありがとうね!
     
    ・Thank you in advance. 
    ※直訳すると「先にありがとうを言います」となりますが、日本語でいうところの「よろしくお願いします」に近い意味で使います。仕事などのお願い事をした時に使います。
     
    ・I’m counting on you.
    あなたを頼りにしてるよ。
     
    「Could you~?」や「Would you~?」を使えば、「~をよろしくお願いできますか?(お願いします)」となるので、丁寧な言い方にもなります。
     
     
    その場にいない人に対して「よろしくお願いします」を使う場合
    その場にいない人に対して「よろしくお伝えください」という時は、以下のようなフレーズを使いましょう。「~さんによろしくお伝えください」という意味でよく使われます。
     
    ・Please say hello to your family.
    ご家族によろしくお伝えください。
     
    ・Tell Tom I said hello.
    トムによろしく伝えてね。
    ※「Tell~」は、少し気軽な言い方です。
     
     
    ビジネスメールの文末に「よろしくお願いします」を使う場合
    取引先とのメールなどで「よろしくお願いします」を使うことは多いと思います。メールの末尾であいさつを入れるのはビジネスではよくあることです。そんな時は、以下のようなフレーズを使いましょう。初めての取引先でもお得意様でも同様の言い方をするので覚えておくと重宝するでしょう。
     
    ・Most sincerely
    ・Yours very sincerely
    ・Best regards
     
    その他に「お力添えいただけますでしょうか?」といった丁寧な言い方をする場合は以下のようなフレーズがあります。
     
    ・I would be grateful for your help.
    ・Your help would be very appreciated.
     
    また、情報が欲しい場合や何かについて教えてもらいたい場合は、以下のようなフレーズを使います。「情報をいただければと存じます。」という意味合いを持ちます。
     
    ・I hope you will be able to provide the information.
     
     

    様々なシーンで使える「よろしくお願いします」

    「よろしくお願いします」には色々な使い方、表現があるのは分かって頂けたと思います。最後に上記で紹介しきれなかったものをまとめて紹介していきます。
     
    ・I’m sorry for the inconvenience caused,but your help would be highly appreciated.
    お手数をお掛け致しますが宜しくお願い致します。
    ※「I truely apologize for ~」とすると更に丁寧な言い方になります。
     
    ・I’m sorry for the trouble.
    お手数おかけします。
     
    ・I’m sorry to trouble you. 
    申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
    ※カジュアル表現です。
     
    ・I really appreciate your great support.
    申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
    ※丁寧な表現です。
     
    ・Thank you very much.
    ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。
    ※カジュアル表現です。
     
    ・I really appreciate it.
    ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。
    ※丁寧な表現です。
     
    ・Nice to meet you, too.
    こちらこそ、よろしくお願いします。
     
    ・You, too.
    こちらこそ、よろしくお願いします
    ※とてもカジュアルな表現です。
     
    ・Thank you very much for your kind support.
    ご協力よろしくお願いします
     
    ・Thank you very much for your cooperation.
    ご協力よろしくお願いします
     
    ・Thank you very much for your consideration.
    ご検討よろしくお願いします。
     
    ・Thank you very much for your understanding.
    ご理解の程よろしくお願いします
     
     

    シーンに合った「よろしくお願いします」を使いましょう

    英語で「よろしくお願いします」を表現すると場面によって様々な言い方があるのが、お分かり頂けたと思います。ビジネスやカジュアルな表現まで日本語と違って言い方がたくさんあります。ですが、英語では基本的に「感謝」の意味がある表現であることをキッカケとして覚えておくと、いざ英語で「よろしくお願いします」を使おうと思う時に思い出しやすいかもしれません。
    今回は、よく使う表現を厳選して紹介してきました。今回紹介出来なかった分も含めて実に様々な言い方がありますので、英会話を学びながら覚えていくときっと役に立つでしょう。

    最新記事

    関連記事

    SNS

    英会話教室の評判

    エリアから英会話探す

    試験対策

    英語独学

    実用的な学習メモ

    Close Menu